1. 糖尿病教室




みなさんこんにちは
リハビリテーション室 出口です。




当院では1ヶ月に1回、糖尿病教室というものが開催されていまして。
10月は理学療法士による運動療法についてのお話、とういことで
『今日からはじめる運動習慣』なるタイトルでお話しさせていただきました。

いやあ、多くの人に伝えるというのは難しいものですね。
『伝える』という行為は、伝わってこそそれが達成されます。
難しすぎるともちろん伝わりにくいですし、
サラッと簡単すぎてもインパクトに欠ける。

いかにポイントを押えつつ、飽きない授業にするか・・・

あ、これは以前に知り合いの学校の先生が言っていた言葉です。
学校の授業では、15分に1回、笑いを入れるようにするんですって。
緊張と緩和、集中力を継続させる、どうやって興味を持たせるか・・・
学校の先生ってたいへんですねぇ



この写真は、いすに座ってみんなで運動している風景です。
いすに座って、背筋を伸ばして、手足をしっかり動かす。
3分程度しかしていないのにかなりタイヘン。
どれくらいタイヘンかというと、
タイヘンの最大を10タイヘンとすると、
この運動は5タイヘン。
そう、運動をするのであれば、
 10分以上の運動を45タイヘンで行えばいいのですよ、
そんなお話しでした。


つづく

コメント

人気記事